こども食堂報告

 

昨日、「広がれ、子ども食堂の輪!全国ツアー in 長野」が開催され、県内の信州こども食堂ネットワークの関係者が多く参加しました。

 

NPOホットライン信州を代表して、村上晃理事長(信州こども食堂ネットワーク代表)が挨拶。

 

つづく、湯浅誠氏コーディネーターによるパネルディスカッションのパネラーに青木信州こども食堂ネットワーク事務局長が報告しました。

2017.5.28 信濃毎日新聞記事

2017.5.28 朝日新聞デジタル


 「信州こども食堂ネットワーク報告」と『広がれ、こども食堂の輪!活動ガイドブック』の活用について

事業報告/信州こども食堂報告/

事業実績/6-ネットワークだより/

 

この度、「広がれ、こども食堂の輪!」では、『広がれ、こど食堂の輪!活動ガイドブック』が4400部を発行されました。 配布先、都道府県を介して各市町村へ、また都道府県社会福協議会を介して各市町村社会福祉協議会へ、全国民生委員児童委員協議会を介して単位民児協へ配布される予定です。 

また、この4月以降に各地で開かれる「広がれ、こども食堂の輪!」全国ツアー参加者他にも配布されます。 

 さらに皆様の取組みを先進事例として子ども支援に関わる関係機関とも共有したく、下記URLにて準備をしましたのでご利用下さい。  

【ダウンロードURL】 信州こども食堂は38-41頁です。http://www.mow.jp/pdf/3.27_kodomo_2 

 今回「信州こども食堂ネットワーク報告」と『広がれ、こども食堂の輪!活動ガイドブック』を利用していただき、子どもの居場所づくりに多くの方に関心を持っていただき、地域で子どもを支えるネットワークのさらなる活性化につながればと願っておりますので、今後とも宜しくお願い致します。









長野の子ども白書に「信州こども食堂」の記事が掲載されました。

   教育や福祉医療などに携わる人や親たちが編集を手がける長野の子ども白書5周年記念号が(定価2,000)発行されました。2016年版は前年に続き「子どもの貧困」をテーマに特集され、ホットライン信州が「信州こども食堂の誕生」について執筆いたしましたのでご紹介します。2016年6月4日の朝日新聞にも紹介されています